寝起きがだるい、重いって悩んでいる人って多いみたいなんです。 私がどんな方法にたどりついて対処したのか、このサイトでまとめたいと思います。

夫の寝起きがだるい原因は?5の対策と1つの解消方法を実践!

寝起き だるい 起きれない


寝起きがだるいし起きれない・・ついつい二度寝・・。


これ気持ちいいですよね。

でも、なんだか体がだるいような・・・?
 

 

二度寝について調べてみると巷では賛否両論なんだよね。
良いという人もいれば悪いという人もいるけど、実際はどうなんだろう?

 

寝起きにだるいのは二度寝のせい?

寝起きがだるいのは二度寝せいと決めつけてませんか?

『起きれないからと二度寝をする』
これが良くないって意見はどんなものなのでしょうか?

それは、寝起き直後に二度寝をするとノンレム睡眠(脳だけ寝る状態)から始まるので二度寝をしても休まらないという意見ですね。
むしろ、脳だけ寝てる状態を引きずるのでボーっとしてだるいのではという話です。

これは正直「ちょっと違うかな?」というのが私の意見です。

良くこんな話を聞きませんか?

『会社の昼休みに15分ほど昼寝をする人としない人では午後の冴え方が違う』

 

実際に、15分程度の昼寝時間を会社全体で作っている企業も沢山あるよね!

 

この15分程の昼寝もノンレム睡眠です。
脳だけを休ませてリフレッシュさせるということですね。

良く考えるとこれって二度寝と同じじゃないですか?
短時間のノンレム睡眠です。

そう考えると二度寝のせいで寝起きがだるいというのはちょっとおかしな話に聞こえませんか?
 

そもそもなんで二度寝をしたくなるの?

眠いという欲求には逆らわないほうがいいの?

二度寝をしてしまう原因はずばり『まだ寝たいという欲求』があるからです。

どういうことって?理由は2つあります。
 

  • 単純な睡眠不足
  • 起きるタイミングの悪さ


睡眠不足は分かりますよね?
起きるタイミングの悪さというのはレム睡眠とノンレム睡眠の話です。
 

人は眠りにつくとノンレム睡眠という脳だけが休んでいる状態に入り、眠りはどんどん深くなっていきます。
やがて、一番深い眠りから浅い眠りに以降してレム睡眠という脳が起き、体が寝ている状態に以降するんです。

これを約90分のサイクルで繰り返していきます。

起床するときはレム睡眠が良いんです。
脳が起きている状態なので、ここで起きればシャキっとするんです。
だるいといった状態も起こりにくいんですね。

二度寝をしてしまう理由が睡眠不足じゃないとすれば、起きたタイミングがノンレム睡眠の深いところだったと考えられます。
まだ起きる準備が出来ていないということですね。
 


どちらにしてもポイントは『欲求』です。

足りないから欲するんですよ。

ここを押さえつけるとストレスになります。
ストレスは人にとって良いものではありませんよね。

ストレスは自律神経の乱れにつながり、毎日の睡眠の質を悪化させます。
結局寝起きがだるいという状態が続くことになるんです。

二度寝をしたいという欲求に逆らい『悪い』と決めつけるのは実はあまり自然なことじゃないんです。

 

実際に二度寝した時にはストレスを緩和するホルモン『コルチゾール』が多く分泌されるという話もあるんだよ。
上手に二度寝をすることで気分がスッキリするんだね。

 

このことは、『ダイアモンド・オンライン』の記事にて、日本睡眠学会所属医師『坪田聡(つぼた・さとる)』氏が解説しています。
 

 【参考】「二度寝」は絶対にしたほうがいい | 朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」 | ダイヤモンド・オンライン


脳だけをちょっと休めるだけでも全然違うんですよ。
二度寝を悪と決めつけてストレスをためるくらいなら上手に二度寝と付き合いましょう。
 

二度寝にも良いものと悪いものがあるって知ってますか?

二度寝をしたら夕方だったなんて経験

ここまで二度寝は悪いものじゃないということを見ていきました。

でも、二度寝もやり方を間違えるとやっぱり悪いものになってしまうんです。

それはいつもの時間に起きたと思ったら、そのまま二度寝。
延々と起きることなく気付けば昼過ぎ、酷いケースは夕方近くまで・・・。

いつも仕事に追われている会社勤めのあなた!身に覚えがあるんじゃないですか?

このような二度寝は体内の睡眠バランスを大きく狂わせてしまうので良くないんです。
不眠などにつながって次の日の寝起きがだるい・・・なんて本末転倒ですよね。
 

良い二度寝ってどんなもの?


多くの人は朝目覚ましがなってから10分程度の軽い二度寝を繰り返して起きる感じじゃないでしょうか?
遅刻さえしなければこれは問題ない二度寝だと思います。
 


休日を利用すればさらに良い二度寝の方法があります。

方法は簡単です。
二度寝の前に一度しっかり起きてみましょう。

 

朝食や朝の行事を軽く済ませて午前中のうちに『お昼寝』をするんです。
午前中だから・・・朝寝?w

 

完全に目覚めたあとに二度寝をするところがポイントなんです。

この方法は普段の足りない睡眠時間を補う方法として効果的なんですよ。

睡眠不足という欲求、ストレスを解消して体をリセットすることができます。

気をつけたいのは、あまり長時間寝すぎないことですね。
夕方近くまで寝てしまったらその日の夜に寝付けません。
また睡眠不足になってしまうので逆効果になります。
 

二度寝なくスッキリ起きるには??

起きれないのは嫌だ。すっきりとした目覚めをする方法。

とは言っても、できることなら決まった時間にバシっと起きたいですよね。
二度寝する時間があるなら他のことができそうですし・・・。


起きれない体をスッキリ起きる方法もいくつかあるんですよ。
 

90分の倍数の時間で起きる


これは脳が起きているレム睡眠を狙って起きる方法ですね。

寝てから90分周期でくるレム睡眠に合わせて目覚ましをセットするんです。

最近は寝る時間をセットするとレム睡眠のタイミングを教えてくれるような目覚まし時計やアプリがあるので活用しましょう。
 

カーテンは朝日を取り込めるものにする


光を全く通さない厚手のカーテンはおススメできません。

朝日を浴びることが気持ちのよい目覚めには必要なんです。
朝2500ルクス以上の光を体に浴びると眠りにつくための『メラトニン』という睡眠ホルモンの分泌が抑制されるからです。

暗いままだとメラトニンがいつまでも体内に残ってしまいスッキリ起きることができません。
 

普段の睡眠の質をあげる


これが実は一番大切です。

質の高い睡眠は『しっかりと体力、精神力が回復できる』んです。
寝るだけでストレスリセットされて、体の調子もあがり、元気が出るんですよ。

このような状態になっていればそもそも『起きれない』とか『二度寝が・・』なんて悩まされることはありません。

でも、質の良い睡眠はなんの知識なしにはとれません。
ちゃんと眠れる体質に変えないといけないからです。
 

 

本来、人が当たり前に持っているはずの機能なんだけどね。
毎日こんな忙しいんじゃ、そんな力も失われてるんだよ・・・。

 

このサイトではそんな寝起きがだるいと悩む夫の寝起きを改善すべく私達が取り組んだ方法を紹介しています。
二度寝が気になっているあたなにとって間違いない解消方法がありますよ。

是非チェックしてみて下さいね!
 

寝起きがだるいならチェック!5の対策と1つの解消方法はこちらで紹介

管理者プロフィール
【プロフィール】
30代主婦『ゆりこ』の運営する[寝起きだるい.com]です。
ブラック企業で疲弊する夫を支えながら9歳の娘と一緒にひっそり暮らしてます。
趣味はブログ作り。
夢は田舎でスローライフ。
貯金がんばるぞっ!