寝起きがだるい、重いって悩んでいる人って多いみたいなんです。 私がどんな方法にたどりついて対処したのか、このサイトでまとめたいと思います。

夫の寝起きがだるい原因は?5の対策と1つの解消方法を実践!

寝起き だるい 薬


寝起きがだるい原因は【正しく睡眠がとれていない】ということがあります。

睡眠にもサイクルがあるので、

  • 入眠(寝つき)が悪い。
  • 寝付けても深く眠れてない。


どのタイミングが悪さをしているかは人それぞれです。


このサイトでは、普段の生活習慣と睡眠に必要な栄養素をサプリで摂る方法で寝起きがだるい症状の改善を提案しています。

ほとんどの人は、生活と体質をちょっと変えてあげるだけで質の良い睡眠がとれるようになるんですよね。

ただ、症状が重い人は最終手段として『薬』に頼る必要が出てきます。

もちろん医師の処方が必要なものなので、まずはお医者さんに相談ということになるのですが・・・。

不眠症と診断されれば睡眠薬が処方されます。
 

 

私の夫も生活習慣の見直しと、睡眠サプリのおかげで最近は比較的元気に過ごせています。
でも、もしダメだったら最後は薬の力に頼らないとダメかなとは思ってたんだよね。

 


サプリと違い薬には即効性があり、今本当に辛いのなら心強い味方です。

でも。とうぜん副作用などのリスクがあることは覚えておきましょう。
 

寝起きがだるい人に処方される薬とは・・・?

寝起きがだるい人が飲む睡眠薬とは?

睡眠薬にも種類があります。
最近では『ベンゾジアゼピン受容体作動薬』という薬が主に使われています。
 

薬の効果
  • 脳をリラックスさせる『GABA(ギャバ)』という成分の働きを促す。
  • 抗不安作用(不安を和らげる作用)。
  • 筋弛緩作用(筋肉の緊張を緩める)。


これらの効果によって眠りを促すんですね。
 

 

超短時間、短時間、中間、長時間と効果が4種類あるんだよ。
不眠症の内容によって、お医者さんが適切に処方してくれるよ。

 

サプリとの違いは、強制的に作用させるか、そうでないかという差です。

毎日、寝起きがだるく早くなんとかしたいという人は『薬の力』を検討したいですよね。
 

気になる薬の副作用は・・・?


『ベンゾジアゼピン受容体作動薬』はサプリと違い即効性に期待できます。

しかしデメリットとして『副作用』はあるので知っておきましょう。
全ての人副作用が起きるとは言い切れませんけどね。
 

起きても睡眠薬の効果が続いてしまう可能性

寝起きがだるい人の薬の副作用:持ち越し作用

寝起きがだるいから薬に頼りたいのに、これだと本末転倒なんですよね。
でも、副作用として報告されているものなんです。

症状は眠くなってしまう、ふらついてしまう、だるい、頭痛などです。

そう考えるとどうでしょう?
ただ寝起きがだるいだけならいきなり薬に頼るのも考えものです。
 

力が入らなくなる

寝起きがだるい人の薬の副作用:筋弛緩作用

薬の効果に筋肉の緊張を緩める作用がありましたよね。
これが残ってしまう副作用です。
年配の人ほど、この副作用は出やすくなります。
 

より強い不眠症になる・・!?

寝起きがだるい人の薬の副作用:反跳性不眠

これは自己判断で処方された薬を飲むことをやめてしまった場合なることがあります。
薬を飲む前より症状が重くなってしまうんです。

その他、手足の震えが出たりすることもあるようです。

お医者さんはその人にあった量で睡眠薬を処方します。
必ず、処方された分を間違えのないタイミングで飲み切るようにしましょう。

そして飲んだら必ず再診を受ける!
これはどんな病気でも鉄則ですよね。
 

記憶がなくなる??

寝起きがだるい人の薬の副作用:記憶障害

記憶喪失じゃないですよw
記憶障害という副作用です。
薬を飲んでから目覚めるまでのことを忘れてしまうことがあるようです。
 

行動異常!?

寝起きがだるい人の薬の副作用:異常行動

興奮しやすくなったり、乱暴になったり、錯乱状態になったり。
このようなちょっと怖い副作用も報告されているようです。

でも、これは医者の指示に従った容量やタイミングで薬を飲まなかったことで起きることが多いようです。
 

寝起きがだるい人の薬まとめ

睡眠薬を使う時は必ずお医者さんの言う事を守りましょう。

いかがしましょうか。
何度も言いますが『薬に頼った時点で全ての自己判断はアウト!』ですよ。

薬は辛い不眠症の人こそ使いたいものです。
 

 

薬は強制的な作用なのでズーっと使い続けるわけにはいかないよね。
何をしても全く眠れない!という人は一度お医者さんに相談してみようね。

 


冒頭にも触れましたが、寝起きがだるい程度なら『生活習慣の見直し』『睡眠に必要な栄養の摂取』この2つの対処をしっかり取り組めばだいぶ変わります。

誰にでもできる簡単な方法はこちらのページで紹介しています。
是非参考にしてみて下さいね。
 

私達が実践した寝起きがだるい解消方法はこちらで紹介

管理者プロフィール
【プロフィール】
30代主婦『ゆりこ』の運営する[寝起きだるい.com]です。
ブラック企業で疲弊する夫を支えながら9歳の娘と一緒にひっそり暮らしてます。
趣味はブログ作り。
夢は田舎でスローライフ。
貯金がんばるぞっ!